進路に悩んでいる高専生にも悩んでいない高専生にも

高専を卒業後、ミュージシャンを自分の職にするという決意の理由。

なんとなく高専に進学してしまい、興味のないことを学んでいる高専生は少なくはないはずです。せっかく高専に入ったのだから、エンジニアにならないといけないのではと悩んでしまうこともあると思います。

苫小牧高専の物質工学科を卒業後、フリーターを経てミュージシャンとして活動している傍ら、YouTuberとしても活動している藤井 蛍(ふじい けい)さん。

高専とは畑違いの職を選んだ藤井さんに「自分のやりたいことをやる大切さ」について教えていただきました。

兄より低いところには行かせない

高専に進学するのはマイナーな選択肢だと思うのですが、なぜ高専に入ったのですか

もともと兄が高専に入っていて、親から兄より学力が低いところには行かせないと言われたからです。

そうなんですね…

そのため、特に高専の勉強内容には関心を持てずに入学しました。
学科は物質工学科というところです。
もともと中学生のときに理科は得意だったのですが、
入学後に要求されるレベルが高く苦労しました。
特に毎週レポートがあって大変でした。テストが重なるとさらに…

レポートが大変なのはどこの高専も同じですね…そんな高専生活の中で得たことはありますか?

あまり大きな声で言えないのですが、興味がないけれどやらなければいけないこと(レポートや課題)のサボり方を習得することができたところですかね(笑)

興味がないと勉強が辛いと思うのですが、留年や休学はしなかったのでしょうか?

留年や休学をするとまた大変な勉強を繰り返さないといけないのでそういったことは無いように頑張りました。

確かにそうですね。逆に高専でよかったと思えるようなことはありましたか?

高専のよかったところは、まわりに勉強ができる人が多く、良い刺激を受けることができたことです。
しかし、制服もないので、良くも悪くも普通の学校生活を送りにくかったところが後悔しています。

ふとしたことから始めたバンド活動

いまは主に音楽活動で生計を立てていると伺っていますが、いつ頃から音楽を始めたのですか?

音楽活動は最後の学年の学祭のときに始めました。

私の周りでバンドを組んでやっている人は高専の低学年の頃から始めている人が多いのですが、藤井さんは5年生から始めたのですね!きっかけは何だったのですか?

音楽をやっている友達がモテていて、自分も音楽をやればモテると思ったのが始めたきっかけです。
何もしないよりかはモテると思われがちですが、実際は皆のイメージほどはモテませんね。
始めた当初は仕事にするぞとまでは思っていませんでした。

ところで、勉強内容には興味が抱けなかったようですが、高専の卒業後はどういった進路に進んだのでしょうか?

当初は、大学へ編入しようと思っていました。

それはどうしてでしょうか?

これをやろうという明確なものが定まっておらず、決断を先延ばしにしたかったからです。しかし、すべての編入試験に落ちてしまい進学を断念しました。
編入試験の時期が遅かったので、そこから就職に切り替えようと思っても、もう既に締め切られているところが多く、就職もしませんでした。

では卒業後は何をしたのですか?

卒業直後は何もすることがなかったのでアルバイトをしていました。それと並行してバンド活動もしていました。最後の学祭のときに始めたバンド活動ですが、大なり小なり音楽で食べている人は世の中に多くいるので自分もそうなれると思ったのがきっかけです。

親や学校の先生には反対されませんでしたか?

親にはふつうの仕事についてほしいと言われましたが、学校の先生には特に反対されませんでした。
就職が締め切られていたので、先生も言うに言えないという状況でしたね。

そうだったのですね。
卒業後にバンドを組んだメンバーは高専の人ですか?

ぜんぜん違いますね…メンバーはインターネット上で集めました。
しかし、数年間活動したあとバンドが解散したのでそこからソロ活動を始めました。

ソロ活動に転身するというのは中々勇気がいることだと思いますが、ためらいはありませんでしたか?

バンドで活動していた頃からどうやって収益化するのかというのをずっと模索していました。複数で活動していると収益を分配しなくてはいけないんですよ。ソロだと収益がまるまる自分のものになるので食っていけると思っていました。実際ソロ活動を始めたあとのほうが収入が多くなりました。

自分の活動の幅を広げること

現在、YouTubeで株に関する動画を発信していますが、いつから行っているのですか?

ソロで音楽活動をするようになり時間とお金に余裕ができたので株式投資を行い、それに関する動画をYouTubeに投稿し始めました。

藤井さんのYoutubeチャンネルはこちらからどうぞ

株式投資を始めたきっかけを教えて下さい。

収入源は多いほうがいいと思い、その中の1つが株式投資でした。学生時代に知り合いが株をやっていたので、そこまで抵抗はなく始めましたね。

株となるとそれなりにお金が必要なイメージですが、どれくらいお金を貯めて始めたのですか?

100万円貯金してからはじめたのですが、今振り返ると実際はそこまでなくても始めることができたと思います。

実際のところは少額からでも投資することができるのですね!

全て今に繋がっている

最後に、高専生へアドバイスをお願いします。

多くの経験を積んでおくことですかね。特にやりたいと思ったことは確実にやっておくことが重要だと思います。

工業系の進路に悩んでいる時点でそれは自分が本当にやりたいことではないので自分のやりたいことを見つけ、その方向に進んだほうがいいと思います。

ありがとうございます!

今回、藤井さんに「自分のやりたいことをやる大切さ」を教えていただきました。
過去には、決断を先延ばしするために大学編入を考えていたように、また多くの迷いを経て、この考えに至ったそうです。

現在はミュージシャンとしてステージの上で活躍している藤井さんですが、音楽を始めたのは意外に遅く、二十歳前後とのこと。「何かを始めるのに遅いということはない」ということを人生をもって証明してくれています。

音楽や株式投資をはじめ、YouTuberとしても活動するその行動力は、私たちが見習うべきものなのではないでしょうか。


取材・執筆:上野秀太
編集:若林拓海

この記事を書いた人