進路に悩んでいる高専生にも悩んでいない高専生にも

雑誌「高専マガジンVol.1 ソウゾウ」を発刊しました!

こんにちは!
高専マガジン運営からのお知らせです!

この度、7/30にフリー雑誌「高専マガジンVol.1 ソウゾウ」を発刊いたしました!!!

昨年(2019年)の11月に「高専マガジンVol.0」という雑誌を発刊していますが、そちらはweb記事で人気だったもののリメイク記事でした。ですが今回の「高専マガジンVol.1 ソウゾウ」では、ほとんどが新作記事です。メンバーが全力を注いで作成した記事ですので、ぜひご一読ください!

ソウゾウってなに?

今回の雑誌のタイトルは「ソウゾウ」です。

高専生はみんな、「想像」力が高く、物事をイメージできて、自分でモノを「創造」する力を持っていますよね?そういった高専生がもっともっと輝けるように、と願いを込めて名付けられました。

高専生はもっと「ソウゾウ」できる。
皆さんはどのソウゾウを入れますか?

どんな内容?

・起業家精神を養う!?新しい高専のカタチに密着
2023年に新しく設立される「神山まるごと高専」。いったい何のために設立されるのか?なぜ今「高専」なのか?そういった疑問を、発起人の一人であるSansan株式会社代表取締役社長の寺田親弘さんにぶつけてきました!高専入学を考えている学生や、これからの高専を考えるうえで必見の記事です!

・「高専機構って結局なに?」その実態と、理事長の熱すぎる思いに密着!
高専生なら誰もが聞いたことのある「高専機構」。でも実際には何をしているのかがわかりにくいのが現状です。そこで高専機構理事長である谷口功さんに、疑問をぶつけてきました!
高専機構が何をしている機関なのか、これからの高専はどうなっていくのか。さらにはみんな気になるJABEEについて等々…様々な話を聞くことができました。高専生必見の記事です!!

・全国各地で通算140回以上開催!?注目のコミュニティ、高専カンファレンスについて
皆さんは「高専カンファレンス」というものを知っていますか?聞いたことがない人も、参加したことがある人も、その原点を知る人は少ないのではないでしょうか?この記事では、高専カンファレンスの発起人である大日向さんに「高専カンファレンスの始まり」から「現在の高専カンファレンスについて」までを執筆していただきました!

・【完全まとめシリーズ】高専で一番学ばれているのは?
高専にいても、他の高専の学科を意識したことってありませんよね?そこで今回は、高専で学ばれている学科を調査して、ランキング形式でまとめました!もしかすると、あなたが所属している学科は珍しい学科かも…?
そして最後には、高専機構理事長の谷口功さんへ「学科について」のインタビューもあります!

・【連載】高専卒業生が贈る、おすすめの本。
高専のOBの方々は、様々な場所で活躍されています。そういった方々に、学生にこれを読んでほしい!という本を紹介してもらうコーナーです。今回は、起業家やフリーライター、弁護士などの様々な職につかれている方々に、合計四冊の本を紹介していただきました。今まであまり本を読んでこなかった方も、ぜひ手に取ってみてください!(私自身、何冊か購入しました笑)

・就職後に全く専門外の分野に進学したことで得られた自分だけの強み
こちらはweb版高専マガジンで人気だった記事のリライト版です。
メーカーに就職後、大学で酒造を学ぶ道を選んだ吉田さんに、その思い切った決断のわけと、二つの専門分野を持つ強みを語って頂きました。
web記事は以下からどうぞ!!

どこで手に入るの?

・必要な部数とお届け先を以下のGoogleフォームに入力していただければ、そちらに送付させていただきます。雑誌そのものがほしいという方は、このページ下部にあるGoogleフォームから入力をお願いします。イベントや施設に置いていただける、または友人に配っていただける方が見えましたら、その旨をGoogleフォーム下部に記載してください。
・また高専機構を通じて、全国の国立高専に配布します。私立と公立高専には直接配布しますので、自分が通っている高専にお問い合わせください。(もちろんGoogleフォームでのお取り寄せも可能です。お好きな方をお選びください。)

前回の「高専マガジンVol.0」も合わせて送付可能ですので、興味のある方はこちらからお願いします!

また、雑誌をおいてくださるスペース提供や、イベント等で配布してくださる方が見えましたら、ぜひお声がけください!
お問い合わせはこちらからお願いします。

次回発刊に関するご協力のお願い

この「高専マガジンVol.1 ソウゾウ」は、協賛してくださった企業、個人の皆様のおかげで無料配布することができるようになりました。本当にありがとうございます!

「高専マガジンVol.2 題名未定」を来冬ごろに発刊予定ですので、協賛していただける企業または個人の方が見えましたら、お気軽にお問い合わせください!よろしくお願いします!

また雑誌内に掲載する「高専生クリエイティブコーナー」では、高専生が自分たちで生み出した「クリエイティブ」を紹介することで、高専生同士のつながりを広げたいと考えております。専門分野に特化したロボットやソフトウェアから、全く関係のないおもちゃや絵など、どんなものでも構いません。載せてもいいよという学生の方が見えましたら、お知らせください!

次の雑誌ではこんな記事が見てみたいよといったリクエストも大募集しておりますので、お問い合わせからお気軽にお願いします!


※訂正
雑誌23ページの下部「お問い合わせはこちらまで!」のところの、ホームページのURLとメールアドレスが

HP:https://hogehoge.com
Mail:info@hoge.com

となっておりますが、正しくは

HP:https://kosen-magazine.com/
Mail:kosen.magazine.2018[at]gmail.com

です。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
(メールアドレスは[at]を@に変換して送ってください)


執筆:若林拓海

この記事を書いた人