進路に悩んでいる高専生にも悩んでいない高専生にも

高専生が“留学したい”と思ってから。

こんにちは。高専から海外大学へ編入した玉谷です。
高専卒の海外大生というテーマについて記事を書いています。

前回の記事では、簡単な自己紹介となぜ僕がアメリカの大学へ進学しようと思ったのかをシェアしました。

僕自身がそうであったように、留学したいと思っていても、実際に何をしていいのか分からないという現役の高専生がいると思います。そこで、今回の記事では実際に留学しようと思ってから「実際に僕が何をしたのか」をシェアします。僕のとった道だけが唯一の方法というわけではありませんが、海外進学を考えている学生の参考になれば嬉しいです。

執筆者:玉谷瑛祐(タマタニエイスケ)
2017年3月に石川高専の電気工学科を卒業
卒業後はアメリカの大学へ進学
現在は米国ネブラスカ州立大学オマハ校ITイノベーション学部在籍

どんな留学がしたいの?

まず始めに、自分がどういう留学をしたいのかを明確にする必要があります。僕はアメリカの大学を卒業したかったので、正規留学という形を取りました。一方で3ヶ月から1年の短期、または中期留学をしたいというのであれば、高専在学中、または日本国内の大学に進学後の方が、手続きが楽でスムーズに進むはずです。在学中の短期留学などは、学校の先生がサポートしてくれるはずです。『トビタテ』などの素晴らしいオプションが沢山あります。まずは自分の目的にあった留学を探して見てください。


学校に相談

進路を考え出し、海外大学へ進学したい、と思ってからまずした事といえば、学校の先生への相談です。担任の先生との進路相談が強制的にあったので 、その時間に話したりしていましたが、「前例もなく、特に学校側からできる事はない。」と言われました。

普通高校だと、姉妹都市などの関係で海外の大学とつながりがある場合があり、海外大へ進学するケースもあります。しかし高専は違います。私立の高専が積極的にグローバル化を図っているという話を耳にはしますが、少なくとも私が卒業した国立石川高専は、そうではありませんでした。特に厄介なのが日本にしか“高専”がないという事です。海外大への編入学がスムーズな訳がありません。それに、留学経験のある英語教員は、大体高専卒ではないので、留学自体についてのアドバイスはできても単位のトランスファーなどについての知識がありません。

単位や学部に関してはシェアしたいことがたくさんありますので、別の記事で詳しく書きたいと思います。


インターネットでのリサーチ

ここからはもうGoogle先生に頼るしか方法がありません。とにかくリサーチです。

留学している人は沢山いて、方法は沢山あるので、調べれば調べるほど情報が入ってきます。しかし、情報が溢れているが故に混乱してしまうかもしれません。その情報を取捨選択する事がとても大切です。

学のwebサイトにその大学に入学するために必要な情報は載っています。しかし、直接メールしたりもしましたが、英語力が乏しすぎて上手く大学の職員とコミュニケーションも取れないし、やる事も多すぎて何からやって良いのかも全くわかりませんでした。

留学するためには、学生ビザやI-20と呼ばれる入学証明書を所得する必要があります。他にもTOEFLやIELTSなどで英語ができることを証明する必要がありますし、成績証明書、卒業見込み書などを大学に提出したり、滞在する場所を決めたり、やらなければいけない事が本当に沢山あります。

その手続きを全て自分でする事は可能ですし、実際に僕の大学にもそうやって留学している日本人もいます。僕はその手続きを全て自分でできる自信がなかったので、そのような手続きを含めたサポートをしてくれる、留学エージェントと呼ばれる組織を利用しました。

留学エージェントの存在もリサーチしなければ知る事がなかったですし、結果として自分のリサーチが今、アメリカの大学に通っているという事実に繋がっているので、自分でできる限りのリサーチをする事が大切だと思います。

もし、留学に関する情報を集めていて、この高専マガジンに辿り着いたのならそれも1つの成果です。


留学エージェントに相談

留学エージェントという組織の存在を知って、とにかく連絡をとったり、面談に行ったりしました。

留学エージェントのサポートを受けるにはお金がかかります。エージェントによって差はありますが、かなりの金額です。エージェントによっては、無料で相談会やセミナーをやっていますので、とにかく一度参加して話を聞いてみてはいかがでしょうか。

いくつかのエージェントや、その他の留学に関する組織と面談をするうちに金銭的にも、自分の目的にもあったルートが見えてきました。しかし、「高専卒業なので2年で卒業できますよね?」といった質問をして明確な答えが返ってきたケースはありませんでした。

高専生専用ルートで進学が決まったわけではありませんが、留学エージェントのサポートを受けると決めてしまえばそこからの手続きはとてもスムーズでした。行きたい大学を決めて、英語のテストを受けて高専の成績を提出すればそのエージェントが手続きを全て済ましてくれます。

ビザを所得するために大使館に直接行かなくては行けないのですが、その予約を取るところまで全部エージェントがやってくれました。なので、特に手続きに追われる事もなく英語の勉強に専念することができました。


まとめ

ここまで話した内容を簡単にまとめると、

4年生の9月頃に留学を考え出す。

その年の10月頃から2月頃までリサーチやエージェント、その他団体との面談を繰り返す。

3月に渡米を決断し、留学先の大学を決めて、留学エージェントのサポートを受けるため簡単な英語のテストを受け、3週間後に入学が決まる。

といった感じです。5年生の4月時点で進路が決まりました。クラスでの中では1番最初に進路が決まり、そこから、英語の勉強をしたり、本格的な準備が始まりました。

留学エージェントを使う1番のメリットは、手続きが楽なことです。加えて、僕がサポートを受けている留学エージェントの提携校には、現地に様々なサポートをしてくれるアドバイザーと呼ばれる日本人の人がいるので、入学後にも困った事があれば、手助けしてくれます。加えて、就活のサポートを受ける事もできるので安心です。

私は留学エージェントを通して海外大に進学するという道を選びましたが、冒頭で述べたように留学の形はたくさんあります。海外に出たいと考えている高専生はとにかくアクションを起こして自分にあった留学の形を見つけてください!

この先もこの高専マガジンを通して「高専卒の海外大生」をテーマに情報を発信していきます。


執筆:玉谷
編集:坂上・大久保

この記事を書いた人